忍者ブログ
Harmonyでのセラピーレポートです。
[1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

首に問題がある方は、結構多い。

生活に支障がでるほどではなくても、
パソコンをやったり、手作業をするために
下を向いたりしていると、
すぐに首が辛くなってしまう、、、。

首に違和感を感じていなくても
なんだかよく眠れない、
朝、なかなか起きれない、、、
なんて人は、首の問題を抱えていることが多い。

中でも、激痛があったりで生活に支障をきたし、
長く苦しむのは、頸椎ヘルニア。


頸椎ヘルニアは、椎間板ヘルニアの首バージョン。

◆椎間板ヘルニアとは◆
椎間板ヘルニアっていうのは、
椎体と椎体(首でいえば、頸椎といわれる骨と骨)の
間にある椎間板が突出し、周辺の神経の枝(神経根)
を圧迫すると激痛が起きたり、
脊髄が圧迫を受けると、まひやしびれや脱力感がでて
運動が障害されたりする。

◆頸椎ヘルニアの症状◆
頸椎ヘルニアの場合なら、首だけでなく腕や手に
強い痛みがでたり、しびれやまひ、腕が上げられない
といったことや、手が思うように動かせなかったり。
また、首まわりの肩や背中といったエリアが
ひどく重く感じる「ひどい肩こり」や
頭痛や吐き気、ひどくなると排尿の問題もでてくる。

◆頸椎ヘルニアの症状のはじまりと検査◆
圧迫の度合や脊髄の面積により、
軽傷から重度まで症状には、段階がある。

少しずつ症状がでてくるといった場合もあれば、
長時間、上や下をみている動作の末に、
ズキュンと痛みが発生する場合も。

とにかく慌てて病院にいって、MRIをとり、
椎間板の突出がみられれば
「頸椎ヘルニアですね、、、。」
と悲しい宣告をされる。

◆頸椎ヘルニアの治療◆
頸椎ヘルニアの治療にいったては、
症状が軽い場合は
手術ではなく、頚椎安静、固定、牽引、薬物療法、
神経ブロックなど保存的治療をとることになり、

これ以上、痛みが我慢できない、とか、
何を触れているか分らないほどのしびれがある、
ボタンのかけはずしや、箸を使う、字を書くといった
日常的な動作が困難になってしまったり、
排尿の問題が起きたりしてくると手術が適用される。

判断基準のひとつに、手を握ったり開いたりする動作が、
10秒間に20回を下回る時というのもあるようだ。

問題は、手術を選択した場合、
必ず、改善するという保証はないということ。
なので、手術は最後の手段にしたいところ。

◆頸椎ヘルニアに対するハーモニーの考え◆
私が頸椎ヘルニアを施術する場合、
一番の課題は、

「何故、椎間板が突出してしまうのか?」

これを徹底的に探すこと。


頸椎に挟まれている 柔軟性がある椎間板が
突出するということは、それを挟んでいる
頸椎が様々な原因により傾むいたりして、
椎間板を押し出してしまうから。

言い換えれば、
「何故、頸椎が傾いてしまうのか?」
それを探すのが改善への近道になる。


あの内臓マニピュレーション創始者のバラル先生が
いっていたけど、
「頸椎は、風見鶏のように周囲からの影響を受ける」

これは本当に、その通り。
頸椎は、勝手に右や左に歪むわけではない。
ひっぱられてしまうのだ。

つまり、頸椎を矯正するには、
まず、歪みの元となっている原因を改善してから、
頸椎を矯正する。

ひっぱる原因が解除されていれば、
頸椎の位置を戻すのに、強い力は必要ない。
もともと組織は、正しい方向へ戻りたがっている。
それをサポートしてあげるだけなのだから。


◆ハーモニーでのオステオパシー的アプローチ◆
先日、病院で、頸椎ヘルニアという診断がでており、
長い間、辛い思いをしている方が来院された。

色々な問題をもっている方だったけど、
一番の原因は、
咽頭の後方にあるリンパ節の腫れが
頸椎を引っ張っていたこと。
もちろん、ここのリンパ節が腫れるのにも理由がある。
それを解除してあげて、リンパ管を開いてから、
つまったリンパ節を開通させる。

その後、頸椎を矯正すると、
パズルがはまる様に、ストンとよい位置に収まってくれる。

施術後は、首の痛みが取れただけでなく、
首の軽さに感激していた。
でもこれが本来の首の状態なのだ。
首の問題が改善されると、悩まされていた疲労感や
倦怠感も解消されてくる。

今回は、リンパ節の腫れが、
直接的な要因の一つになっていた。
もちろん、他の原因が問題になることもある。

◆リンパの障害について◆
リンパ節の腫れは、首だけでなく、
身体の様々な場所で、問題を引き起こす。
どんな問題を引き起こすのか挙げていけば、
そのバリエーションの多さに、きっとみんな驚くだろう。

リンパの問題は、血液の流れも障害させる。
リンパが障害される時は、薄い埃が舞い降りてくるように
少しずつ少しずつ積もり重なり、ある域に達すると、
ドーンと強烈な痛みなんかで、強い自己主張をしてくる。

だけど、なかなか気づかれることが少ない影武者的な存在。
そして全身に散らばる広いネットワークをもつ身体の管理者。

少しずつ、その症例を紹介していきたいと思ってます。

頸椎ヘルニアで手術を悩んでいる方、
もちろん、そこまでいっていない方も、
オステオパシーは、試す価値ありです。

ハーモニーでは、原因追究型の施術をモットーとして
日々、検査法、施術法を開発しています。

何が問題を引き起こしているのか?
一緒に探していきましょう。
少しでも改善に近づけるように。

 

PR
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
momi
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
お天気情報
アクセス解析
忍者ブログ   [PR]